トリマーの眼!

凄腕トリマーによるペットに関するコラム
獣医さんへ行こう♪

 春先は、子犬のたくさん生まれるシーズンということもあり、生後60日前後からのワクチン接種など、初めておうちにやってきたワンちゃんの体調管理で、飼い主さんは本当にハラハラ、ドキドキの連続ですよね。
 でも、最初は、どんな方でも、みんな初心者飼い主さん(笑)なのですから、信頼のおける獣医さんのアドバイスに素直に耳を傾け、さらに、お部屋の中を常に暖かくしてあげていれば、ワンちゃんは、きっと、すくすくと育ってくれるに違いありません。
 ところで、ワンちゃんを飼われている方にとって、「信頼のおける獣医さん」とは、いったい、どのような先生だと、みなさんは思われますか?
 私は、獣医さんには、大まかに2つのタイプの先生がいらっしゃるのではないか、と考えています。
 まずは、長年の経験に基づかれた直感を最も大切にされ、正確かつ、明快な診察を心掛けておられる、いわば、シャープなタイプの獣医さん。一方、詳細なデータを検証し、それを飼い主さんにやさしく説明しながら、的確に診察を進めていかれる、いわば、ソフトなタイプの獣医さん、といった感じでしょうか。
 私の場合は、初めてワンちゃんを飼われた方には、そのあたりのことをきちんとお話したうえで、獣医さんとのお付き合いを始められることをお勧めしています。
 具体的には、私は、獣医さんと飼い主さんとの間には、きっと、目には見えない波長のようなものがあって、その波長が合ったときに、初めてお互いの信頼関係が築かれていくと考えているのです。
 ですから、飼い主さんが疑問に思ったところは、獣医さんにきちんとご相談してみて、その場でスッキリと解決できれば、きっと、その先生は、飼い主さんにとっての、「信頼のおける獣医さん」といっても良いのではないでしょうか。
 これから暖かくなってきますと、ノミや蚊が媒介する病気の予防などでも、獣医さんにお世話になる機会が増えてくることと思います。そんな時に、「あっ、今年は、先生のところに、お薬をもらいに行くの忘れてた!(汗)」なんてことのないように、カレンダーには、「獣医さんへ行こう♪」と、きちんとチェックしておかれると、きっと安心だと思いますね。(*^。^*)

次回は、「がんばれ、チビスケ!」です。お楽しみに!
mametaro.jpg
前田 勉
2002年、福岡市博多区でJKC公認トリマー資格取得。2003年、地元である大分県中津市で「まめたろうペットホテル&トリミング」を開業。以来「ワンちゃんが、ホッと安心してくれるトリミングの方法があります。」をキャッチフレーズに、多くのワンちゃんたちの幸せと健康のサポートに努め、飼い主さんからは「まめたろう先生」と呼ばれ親しまれています。常識にとらわれない、やさしく丁寧なトリミングの方法は、今も進化を続けており、多くのファンから支持されています。趣味は、読書、乗馬。