子そだてのすすめ

月刊メッセに掲載中!子そだてのすすめ
copel.jpg
コぺル 中津教室
コぺルでは好奇心旺盛なこども自身に楽しいと感じてもらい、積極的に「やりたい」気持ちを引き出すレッスンを行っています。「こんなことできたよ!!「こんなことできるんだ!!」などなど工夫したレッスンの中には、たくさんの感動とよろこびがあふれています!
http://copel.co.jp/
しつけを行う時に最も重要なことは、一貫性です。同じことを行った時に、ある時は微笑みで迎えられ、ある時は叱られるというように相手の反応が読めないことは、人間を非常に悩ませます。たとえば、スーパーマーケットでほしいものがあり… もっと読む »
昔から「寝る子は育つ」と言うように、睡眠は子供の心身の成長にとても大切なものです。赤ちゃんの睡眠時間は、新生児で約16時間、生後3ヶ月で約13時間とたくさん眠ります。夜にまとまった睡眠がとれるようになり、徐々に大人の睡眠… もっと読む »
 テレビ、パソコン、スマートフォンなどがある環境に生まれ育った現代の子供たちは「デジタル・ネイティブ」と呼ばれます。親のスマートフォンを扱って遊んでいる子どもを見かけますが、その年齢がだんだん低くなってきているようです。… もっと読む »
生まれたばかりの赤ちゃんの脳の完成度は30%前後です。脳の重さを比べると、赤ちゃんの頃は平均して320gで、6歳頃には1300gにまで一気に大きくなります。大人の平均が1450gですので、脳の9割が6歳までに作られること… もっと読む »
「素直な子に育てる」には、どうすればよいのでしょうか?まず、まちがってはいけないのが「素直な子=親に口答えをしない子」ではないということです。素直さというのは、時に応じて誰かの助言を受け入れたり、我慢をしたり、自分の非を… もっと読む »
抱きしめる、膝に乗せる、抱っこやおんぶといったお母さんと赤ちゃんのふれあいは、子供にとって大きな安らぎで、とても大切なことです。『肌に触れることは脳に触れることと同じ』と言われるほど、皮膚からの刺激はダイレクトに脳の中枢… もっと読む »
“がまんする心”をどう育てるかについて、『ゲルトルート児童教育法』の中で次のように述べられています。『自然は暴れる子どもに対して、いくら暴れても無駄だということを悟らせます。子どもは木や石をたたきます、自然はびくともしま… もっと読む »
みなさん、子供たちにはマナーやルールを正しく身につけて欲しいと願うかと思いますが、それには根気強く伝えていくことが必要です。ポイントは、★怒らないこと★基準をもつこと「ダメでしょう!」「~しなさい!」と、怒られても子供に… もっと読む »
「人の話を聞く」ということは、人と人との関係の基本的なものです。相手を理解し協力関係を作りあげるには、聞く力が必要です。子供たちの聞く力を育てるにはどのようにしたらよいのでしょうか?例えば、朝の忙しい時間に「早くしなさい… もっと読む »
子どもに、読み書きや数字を教えることはとても大切なことですが、思いやりの心、夢や志を持つことを教えてあげる「徳育」つまり心の教育は、子育てをする上で最も大切なことといっても過言ではありません。人間の心には、生まれつき美し… もっと読む »