子そだてのすすめ

月刊メッセに掲載中!子そだてのすすめ
徳育教育とは

今世間では、「努力せずに楽しく自分の思い通りに生きればいい」そんな考えが広がっているといいます。そんな風に考えて生きようになった世界を、想像してみてください。そんな子供たちが溢れる未来は、どう考えてもあまり望ましいものではありません。

あなたは、学問は何のためにあると考えますか?知識を得るために?出世のため?就職のため?一般にはこんな風に考えられる方が多いのではないかと思います。しかし、それは本当の学問ではありません。

学問。それは自分の人間としての本質を高めるためのものです。人格が伴っていない優秀さというのは、悪いことを効率よくできるということにもなりかねませんので一番恐ろしいことです。

子供は、どんなことでもしたい通りにさせて育てると、人のことを考えない自分が良ければよい、全体のことは考えない、そんな自己中心的な自由を身につけて育ちます。自己中心性という悪徳の芽はどこまでも根を伸ばし、果てには自分が生きる世界のことにまで無関心になってしまいます。「世の為人の為になりたい」「自分の力で世の中をよくしたい」そんな大きな夢をもった子供を育てることが親の大切な役目です。

子供の夢をはぐくむために、歴史に残る偉人の話をしてあげるのが一番です。子供の志を育てること、徳育が必要とされる今、子供の小さな胸を大きな夢でいっぱいにしてあげましょう!!

copel.jpg
コぺル 中津教室
コぺルでは好奇心旺盛なこども自身に楽しいと感じてもらい、積極的に「やりたい」気持ちを引き出すレッスンを行っています。「こんなことできたよ!!「こんなことできるんだ!!」などなど工夫したレッスンの中には、たくさんの感動とよろこびがあふれています!
http://copel.co.jp/