子そだてのすすめ

月刊メッセに掲載中!子そだてのすすめ
幼児期のマナー教育について

みなさん、子供たちにはマナーやルールを正しく身につけて欲しいと願うかと思いますが、それには根気強く伝えていくことが必要です。

ポイントは、

★怒らないこと

★基準をもつこと

「ダメでしょう!」「~しなさい!」と、怒られても子供にはなぜ怒られているのかどうすればよいのか正しく伝わりません。

なぜいけないのか、善悪の区別や相手を思いやる心をしっかり教えてあげましょう。

「~しなさい!」と怒られ、注意されてマナーを守ったとしても自分で正しく判断したことにはならないので、マナーが身についたとは言えません。自分で判断ができるように、しっかり理由を添えてあげましょう。

そして、ダメなものはダメと一貫性をもって、感情に左右されることなく教えてあげましょう。

マナーには

人に迷惑をかけない

物を正しく大切に使う

きちんとあいさつをする

などあげればたくさんありますが、子供たちには思いやりの心で行動ができる本当のマナーを身につけて欲しいですね。

copel.jpg
コぺル 中津教室
コぺルでは好奇心旺盛なこども自身に楽しいと感じてもらい、積極的に「やりたい」気持ちを引き出すレッスンを行っています。「こんなことできたよ!!「こんなことできるんだ!!」などなど工夫したレッスンの中には、たくさんの感動とよろこびがあふれています!
http://copel.co.jp/