子そだてのすすめ

月刊メッセに掲載中!子そだてのすすめ
幼児期のしつけについて

毎日の生活の中で不安な気持ちになること、落ち込んでしまうこと、思い通りにいかずイライラしてしまうことがあるかと思います。そんな時って・・・自分にも相手にも完璧を求めすぎていませんか?物事にこだわりすぎていませんか?

時には「まっいいか!」と思うこと、こだわりを「ぽいっ!」と捨ててしまうことも大事です。

イライラする余計な時間や意識を使うことなく、気持ちを入れ替えることができ、穏やかな毎日が送れるようになりますよ♪

幼児期のお友達との

トラブルについて・・・

幼児期は、トラブルをどう解決するのかを学び成長する時期でもあります。保護者がトラブルを回避しすぎるのは「その時期の課題を、後回しにする」結果となってしまいます。トラブルが起こったときは、社会性を育てるチャンスです。規範をしっかりと伝えてあげましょう。

場合によっては複雑な場面になることもあるでしょう。「わざとじゃなくても人にあたって痛い思いをさせたのであればあやまらなくてはいけないよ」「順番は守らないといけないけど、あの子は具合が悪そうだから先にさせてもらったみたいだね」など善悪の基準を育てながらも状況に合わせて対応ができるといいですね。

たくさんのトラブルがあってこそ、子供たちの社会性は身についていきます。親が先回りして、トラブルを回避しすぎないように気を付けたいですね。

copel.jpg
コぺル 中津教室
コぺルでは好奇心旺盛なこども自身に楽しいと感じてもらい、積極的に「やりたい」気持ちを引き出すレッスンを行っています。「こんなことできたよ!!「こんなことできるんだ!!」などなど工夫したレッスンの中には、たくさんの感動とよろこびがあふれています!
http://copel.co.jp/